はいっちゃった


機嫌良くキーボードで遊んでいた3歳児がふと、ウクレレ片手にやってきて「ピックはどこにあるの?」と聞いてきた。
ピック・・・ってギターの?だよね?
そうか、お父さんみたいにピックを使ってギターを弾いてみたくなったのか。
新たな一歩を踏み出す応援をすべく、旦那に聞いて、借りて、与えた。
3歳児は真剣な顔でもらったピックでしばらくウクレレの弦をつま弾いて(というかひっかいて)いた。
ふんふん、まぁいろいろやってみて研究すればよい。と思ったので、ほっといた。
しばらくして音がやんだと思ったら、3歳児が振り向いてのたまった。
「ピック、はいっちゃった」
・・・・・・はい?
以前、ピックをウクレレの中に投入したことはある。そのときはさかさまにして振ってみたら出てきた。
でも、今回はそうじゃないと顔が言ってる。
どこに入れたんだよ!?
「ここ」
BとCの間を指差す。キーボードのキーの隙間に押し込んでみたらしい。
押し込んでみたら、見えなくなっちゃったらしい。
なんでそんなとこに入れてみようと思うのか、お母さんさっぱり分かりません。っていうか、入るのか!
私はすぐ隣で新聞を縛る作業をしていたのに、まったく気がつかない、神業レベルの早業だった。
キーボードを振ってみると、内部でピックが移動する音がかすかにする。ざっとキーを弾いてみると、引っかかる感じはない。ピックは完全に内部に入って、どこか安全な場所で横たわっている模様。
ど、どうすんのこれ。キーボードの演奏には支障はないけど、ピックどうすんの。
キーボードを分解して取り出すしかあるまい。機械大好き、工具大好きの3歳児が妨害することは間違いないので、ヤツがいないときに・・・っていつよ!?
そもそもキーボード、分解したら元に戻せなくて壊れちゃったりして。というオチも十分考えられる。
このまま放置で・・・という方向性になる予感。
旦那に新しいピックを買うほうが早いだろ。
うーん、しかし、毎度ながら予想も付かないことをやってくれますな、ウチの3歳児は。