祝☆煎餅屋開店

息子がようやく寝返りできるようになりました。
これで我が家もついに煎餅屋開店。商売繁盛を祈願したいと思います。
しきりに腰をひねりはじめて、「これはもうそろそろか?」と期待し始めて約1ヶ月。
「この子は寝返りできないままつかまり立ちとか始めるんじゃないかな・・・寝返りできなくても赤ちゃんの成長的にはべつに問題ないらしいし。」と思うこともありましたが、重すぎて持ち上がらなかった頭も筋トレの結果、なんとか持ち上げられるようになりました。朝、初成功したときには下になった腕が抜けずにジタバタしていましたが、夕方には回転速度もアップし、腕もちゃんと抜けるように。たいしたものです。
本人はあまりなにも考えずに寝返りしているらしく、というか」「寝返りすれば直立できる」と信じているふしがあり・・・ぐずぐず言いながら寝返りしてうつぶせになったとたん、号泣です。仰向けに戻してやってもまたすぐに寝返って号泣→仰向けに戻す→寝返っ(ry
訳分かりません。
抱っこしてやってもまた号泣しつづけるので困惑しながらあれやこれやと試してみた結果、脇を支えて立たせてやるとものすごい笑顔になって喜ぶので、つまりはそういうことなんですか?と思っているのですが・・・
しばらくは寝返えりしたものの思うようにならず号泣する息子をひっくり返し続ける毎日になりそうです。


人見知り始まる

5ヶ月に入る前ぐらいから、なんとなく人見知りが始まったようです。
毎週来てくれるトメさんが家に入ってくると、不安げにじーっと見つめた末に、「うぎゃーっ!!」
涙をボロボロこぼし、鼻水よだれでベタベタになりながら大絶叫すること約10分。
しばらく「母ちゃんとばーちゃんは仲良し~♪だから息子くんも仲良し~♪」ということをしっかり見せて安心させてやったらしぶしぶ泣き止み、やがておそるおそるの笑顔も出てきてほっと一安心しました。
しかし息子よ。
キミも怖かったかもしれないが、いちばんかわいそうなのはばーちゃんだ;
家の外でよその人に会うのはいっこうにかまわない、むしろうれしいようです。いつも笑顔の無料大サービス。テリトリーに入ってきたから警戒されたのかな・・・?
あんなに泣いたのを見たのは初めてです。知らない人が見たら「どこか痛いの?」と思ったことでしょう。


お買い物たくさん

なんとなくーという感じで出かけたら、なんかいろいろ買ってしまいました(^-^;
d2009030101.jpgまずはバンボ。
首座りから使える、赤ちゃん用のイス。柔らかい素材でできていて腰がすっぽりはまるので、お座りできない子でも使えます。父ちゃん、3度目のおねだりでゲット;
うちにはすでにバウンサーもあるし、バンボの商品説明を見ると「10kg、14ヶ月頃まで」と書いてあるので寿命も短いわりには5,000円以上もするのかぁ~、これが3,000円ぐらいなら即決なんだけど・・・と私がけちけちモードに入っておりました。
でも最近、バウンサーに乗るのをすごくいやがるのと(そっくり返って滑り台のように滑り降りてしまう)、上体をしっかり起こすのが好きなようなので、視点が変わるのが気に入るかもしれない、とりあえず店頭でサンプルに座らせてみようか・・・と思ったら最後。座らせたらうれしそうだし、超かわいいでやんの(w
Amazonで見たレビューには、14ヶ月を超えても、歩くようになるとかえってスリムになって座らせやすくなる、とか、外食に行った際とか便利、とか、お座りできない子にかぶり式の服を着替えさせるときに便利、とか、いろいろ書いてあって、なるほどなーと納得、買って帰ることになりました。
6ヶ月ぐらいから離乳食をはじめることになるだろうし、そのときにも便利に使えるでしょう。汚れても拭くだけでOKっぽいです。バウンサーはカバーが布なので、汚れたらお洗濯必須だもん。洗って乾かすまでの間、どうやってしのぐかが必死だったんだよ; もっと早く買ってあげればよかったです。ごめんよ。
d2009030102.jpg次は父ちゃん専用抱っこ紐、トンガ。
私はアクションベビーとスリングを場合によって使い分けていますが、ささっと抱っこするには不向きなんだよね。どっちも私のサイズに合わせてストラップなどを調整しているので、ぐずり始めた子を目の前にすると「あっあっあっ」と焦るらしい・・・店頭にあったので試着して、Lサイズを買いました。
かなり気に入ったようで・・・ずーっと抱っこしてたよ。コンパクトで、子どもが入っていなければたすきを掛けてるぐらいにしかならないので、運転しているときも着けたままでした。いや、もう外していいから(w;
これはロングユースになるんじゃないかなぁ・・・自分で歩いたり走ったりできるようになっても、わりと子どもってすぐ疲れたり、ぐずって「抱っこ~」ってなるから、外出には常に携帯してささっと抱っこしてやれそうです。
スリングと同じように両手を離すのは不可ですが、かなり抱っこが楽になるようです。うちの息子、重いしね・・・
あとは離乳食用の食器を買いました。セットになってるのもあったんだけど、不要なものがけっこう入ってるなぁと疑問に思い・・・これはいるだろうというものをバラで買いました。セットで買ったほうがお得なんだろうけど、不要なものを処分する手間やコストやストレスのほうが惜しい性格なので。キャラクターものは母ちゃんが嫌いなので、コンビのシンプルなものにしました。離乳食自体は、6ヶ月に入ってから様子を見て始めるつもりです。


予防接種:BCG

受けてきました。
今回は往復バスを使ってみたのですが、ちゃんと空気を読んでバスの中ではおりこうに静かにしていました。でっかい目をばっちり開けてきょろきょろ周りを見回したり、他のお客さんに笑いかけたり。ぐずることは一度もなく、母ちゃんとっても安心しました。赤ちゃんって物珍しいところに行くと好奇心が先立つのか、妙にいい子になるよね。
接種会場に着くと、またこれが一段といい子に・・・
人はいっぱいいるわ、赤ちゃんもいっぱいいるわ、かまってくれる人はたくさんいるわ・・・お調子者の息子にとってはお出かけって楽しくてしかたがないんでしょうねぇ。通りすがりのおじいさんおばあさんやらに「まぁめんこいわぁ」と声をかけていただいたり、階段やエレベーターでは道を譲っていただいたり・・・子ども連れだといろいろ温かいことがあるのでありがたいやら、うれしいやら。
さて、BCGといえばいわゆる「はんこ注射」なわけですが、痛いのかどうかよく分からず、やっぱ泣くのかなぁと思っていたら・・・ここでも息子は何を勘違いしたのか笑顔の大サービス(w;
中待合室のようなところで待っている間に看護師さんたちにいっぱいかまわれてテンション上がりまくり。いよいよ先生(女性でした)の前に左肩を出した状態で連れて行かれて愛想MAX。でっかい目をぐりぐりさせて先生のお道具類を見守り、なにがうれしいのかうきゃーと喜びの声を上げる始末(w
本番の注射もきょとんとしていて、なにが起こったのか分かっていない様子・・・敏感な赤ちゃんは消毒綿で腕を拭かれるだけでぎゃーっと泣き出していたんだけどなぁ。なんともないか、息子よ。
次は三種混合+Hibワクチン。またイイ子にしておくれ。
「まぁ、こんなによく笑ってくれるとお母さんも毎日張り合いがあるわねえ」と言われると、ちがうんです、家では小悪魔でこんなに愛想がいいのなんて見たことありません、ホント毎日大変なんです、と言いたくなるけどそんなこと言っても仕方ない。育児は苦労自慢じゃないぜ。