70がサイズアウト間近

息子の服・・・
今は70サイズのボディ肌着やカバーオールを主に着せています。すぐに着られなくなるんだもーんということで、ニシ・マツヤ謹製が多い(w ニシ・マツヤはさすがに生地とかがペラいんだけど、ユニクロ・ベビーはなかなかいい仕事をしていますよ。1枚千円以下だし。
んで、70サイズのおまたのスナップがそろそろきつくなってきたので、80サイズを買ってやらにゃぁいかんなぁと思っております。本人の実寸サイズも70を超えたことだしね。80サイズは1枚だけ持っているので着せてみたら、股下もいい感じ、袖丈もぴったり、身幅はちょいゆるめ、ズボン部分だけ「殿中でござる」状態。これはつまり・・・?
で、母ちゃんは何をどこで買おうかわくわくしているのです。さすがに80なら1歳近くまで着られるだろうて・・・
そろそろ上下別の服を着せた方がいいのかな?と思っていたら、物の本によるとつかまり立ちをするまでのハイハイ時期、特にずりばい時期はつなぎの服のほうがいいそうな。下の服とおむつがずりずりずりとずれていってあられもない格好になる危険性が高いらしい・・・ほほう、ほうほう。
ということで家の中ではボディ肌着+レッグウォーマー、お出かけにはそれにトレーナーとかモンキーパンツ(あのプリケツがたまらなくかわゆいのでぜひ着せたい(w)なんかがいいのかなぁと思いつつ、ニラニラしながらネットであちこち眺めております。ボーイズのブランドっていうかメーカーってあんま選択肢が少ないんだよなぁ・・・


結んで開いて

む~す~ん~で~ひ~ら~い~て~」の手遊び歌が大好きな息子。
始まると「ほええええぇぇぇ」という顔で口を開いて見入りつつ、足をばたばたさせて喜んでくれるので、ついつい壊れたレコードのように繰り返してしまう。手がいろんな形になるのがおもしろいらしいんだけど、歌がついていないと受けが悪い。あのメロディになにか秘密があるのか・・・
実演する大人が疲れて休んでしまうと、「なんでボクの手は母ちゃんみたいに結んだり開いたりしないんだろう・・・」と言わんばかりに哲学的な顔でじーっと自分の手を見つめてる。母ちゃんは君の頭の中を見てみたいヨ


4ヶ月検診に行ってきました。

4ヶ月と18日で受検。
スペックは以下の通り。
身長:70.3cm
体重:8,345g
胸囲:46.5cm
頭囲:45.3cm
まあ、デカイ。身長は「今日いちばん背が高い子」とお墨付き。体重には上がいたらしい。おかしかったのは頭囲で、小児科の先生がしげしげと息子を見た後ちらりと私を見て、もう一度息子を見て、
「この子のお父さんは頭が大きい方ですか?」
「・・・普通だと思いますけど」
「そうですか」
「あのぉ、うちの子は頭が大きいんでしょうか?」
「ハイ、大きいですねえ」
アタマ大きいですねえって何それ(w 私は自他共に認める小顔自慢で頭も小さいんだけど(中身は普通に入ってると思いたい)、それに比して予想外にデカイ息子だったらしい。だからといって「お父さんの頭は大きいですか?」ってかわいそう;
病的な大きさではなく、身長とのバランスも取れてるし、「いい形ですね、お母さんが普段から寝かせっぱなしにせずにしっかり抱っこしてあげてるからですね」とフォローをいただいたけれども、デカ頭疑惑をかけられた夫へのフォローは無し(w
指定された受付時間が10時だったんだけど、最近のパターンだとちょうどお昼寝の時間。その前にちょっと寝ていけば~とお薦めしても、何を感づいているのかハイテンションで、けっきょく昼寝なしのまま会場に到着した息子。入るなりたくさんの人に大興奮。母ちゃんもたくさん赤ちゃんが見られて大興奮。
他の赤ちゃんがおとなしく床に寝かせられて待機しているのに、断固として縦抱っこを主張して満面の笑みであたりを眺め回し、職員さんが通りかかると「あー、うー」と話しかけて足止め(w
「こんなにご機嫌だとお母さんも毎日楽しいでしょう」って言われた;
いや、なんかこいつ外面がいいんです。
舞い上がっちゃってるんです。
いつもはなにかしらお気に召さなくてぶんむくれてることが多いんです。
私、大変なんです。
私がお風呂に入ってる間に子守してる夫なんかお手上げ状態で、こいつといっしょに泣いてるんです。
・・・なんてことが頭をよぎるも、にっこり笑ってお礼を言い、余裕のある育児ぶりをアピール。なんの意味もないけど(w
しかし私、対人スキルが下がりまくりだなぁ・・・保健師さんやお医者さんとの会話は問題ないけど、隣り合わせたお母さんとの会話とか、超弾まない; まぁお互い様の面はあるけどね。昔社会にいたとき、どんな会話してたっけ・・・どうやって親睦度を深めてたっけ・・・はて?
毎日息子と宇宙語で会話してるから仕方ないか。


寝返りしたい

あんなにうつぶせが大嫌いだった息子、最近は大好きになりました。といってもまだ自分では寝返りできないので、足や肩を半分浮かせた状態で「ひっくり返せー!」としきりにアピールしてきます。私が思うのに寝返りするにはまず腰をひねって浮かせ、勢いをつけて背中、肩を浮かせるべきだと思うのですが、腰か肩、どちらか片方を浮かせることしか思いつかないようです。
で、「ゴローン」と言いながらうつぶせにしてやると、ものすごくうれしそうに頭を持ち上げてあたりをキョロキョロ。視界が変わっておもしろいんだろうなぁ・・・はじめは頭を持ち上げられる時間も短く、腕を突っ張るというコツが分からなくてすぐにズルズルと潰れていたのが、だいぶ長持ちしてジタバタと遊んでいるようになりました。このとき見えるおむつでふくらんだおしりがカワユス・・・
疲れてくると徐々にシーツを味わう時間が増えてきて、「ふえーん」となるのでそこで仰向けにひっくり返しておしまい。私もいっしょにうつぶせのポーズで遊んでます


スクワットォォォ!

バウンサーに座った息子の前にしゃがんだら、なぜか分からないけどバカ受け。
試しに立ってみたら、これまたバカ受け。
調子に乗ってひたすらゆっくり立ったりしゃがんだりをひたすら繰り返してみたら、ゲラゲラ笑って喜んでます。何が楽しいのかさっぱり分かりません・・・動いてるのを見るのが楽しいのかなと思ってラジオ体操をしてみましたが、これは「( ゚Д゚)ポカーン」って顔で白けてました。こっちのほうが楽なのに・・・
母ちゃんの顔が近づいたり遠ざかったりするのがいいのかな?
腰痛いけど頑張ってスクワットするぜ。


むっ、血尿!?

おむつを替えてみたら、うっすらと赤い点がちょんちょんと二つばかり。
これって血尿ですか!?何が起きたの!?
びっくりしましたがまず息子を観察。
機嫌、よし。
熱、なし。
乳、いっぱい飲んでる。
睡眠、よく寝てる。
もし病気にしても一刻を争うような緊急事態ではないと睨んで、Google先生に尋ねてみました。
さすがGoogle先生、あっさりと結果が出ました。なんのことはない、「尿酸塩(またはシュウ酸塩)の結晶」という線が強いようです。おしっこが濃いとなりやすいみたいで、別に心配はいらないそうです。
もし血尿なら、こういうふうにちょんちょんと付くのではなくて、おしっこ全体が赤くなるそうな。
赤ちゃんの血尿 – やまて小児科院長日記
このページに載ってるおむつにそっくりでした。万が一病気だった線を考えてしばらく気をつけてみますが、たぶん問題ないでしょう。
おむつを見るより子を見よ、です。


高速いないいないばあ

息子はタオルが大好きです。
持たせておくとムニャムニャ呪文を唱えながらにぎにぎしたり、なめたり、じーっと見つめたり。私見ですがストライプやチェックよりも幾何学模様っぽい不規則な模様が好きなように思われます。色は青や白っぽいものよりピンクや赤が好き。ま、気のせいかもしれませんが、そこは親ばかフィルターがかかっているので気にしないことにします。
んで、その大好きなタオルの端を息子が持ち、もう片方の端を私が持ちます。私が持ったほうの端で自分の顔を隠していないいないばあ!「いないいない」「ばあ」の1セットを1秒以内に終了させるのがコツです。あまり長く隠れていると存在自体を忘れられてしまい、勢い込んで「ばあ」したときにはあさっての方向を白けた顔で見てたりして、カーチャン涙目になってしまいます。
「ぎゃはぁ」と声を出して笑って喜んでくれますが、「いないいないばあ」の仕組みを理解して笑っているのか、単に大好きなタオルがひらひらしているのがうれしいのかは分かりません。わかんないけどいいんだ、君が喜んでくれるのなら・・・
声を出して笑うようになったのは年末ぐらいからです。
なんていうか・・・赤ちゃんは「キャッキャッ」と愛らしく笑うのかと思ってたら「ゲフッゲフッ、ぎゃはぁ」ってどこのおっさんですか?なんか予想と違う・・・