湯たんぽ

すっかり寒くなりましたね。私はこの冬、湯たんぽを使用して暖かな夜を過ごしています。
この湯たんぽ、2008年製の最新式です。夫によると何万年も前から同じ型なのだから最新式ではなく単に新品というべきだそうですが、まあ細かいことはどうでもいい。
なんといってもお湯を入れる手間もなく、電気も使用せず、常に暖かいという優れモノ。経済的でしょ?ただし1日に8~10回ほどタンパク質、糖分等を含む液体を補給する必要があります。補給のタイミングは湯たんぽ自身が音を発してお知らせしてくれるので、補給忘れの心配もありません。
スゴースゴー、ムニャムニャムニャといびきのような音を発して、使用者を優しく眠りに誘います。その上、目覚まし機能もついているんです。スヌーズがついていて、2時間、1時間、1時間、という具合に定期的に音を発して確実に起こしてくれます。ただし、任意の時間に設定することはできません。
継続して使用するうちにどんどん大きくなり、さらに暴れたり自走を始めて使用者の陣地を侵す不具合が報告されていますが、今のところ我が家では確認されておりません。


それでもやっぱり気になる

最近息子の頭ばかり見ています。ときどき、いや、しばしばニオイも嗅ぎます。
だっておっさん臭いんだもんヽ(´Д`;)ノ
すごく毛が抜けるんだもんヽ(´Д`;)ノ
どっちも仕様だってわかってるんですが。
低月齢の赤ちゃんは脂性だから、毎日お風呂できれいに洗ってもなんだかおっさんのようなニオイになります。月齢が上がってくれば、そんなこともないらしい。でもまた思春期になれば同じニオイがするんだきっと・・・
首すわりの頃、抜け毛が目立つようになります。いっせいに全体が抜けるつるっぱげから、部分脱毛してキューピー、落ち武者、サトイモなどなど、いろんなバリエーションがあるらしい。息子ははじめおでこがどんどん後退していってューピーだったけど、だんだん裾野にメスが入り、サトイモ混合の髪型になってきました。筆を作ろうと思っていたんだけど、さて、どうなることやら。


3ヶ月コリックか・・・?

このところ息子のご機嫌が悪いです。
昼夜問わずグズグズ言ったり、ときどき「ウギャー!!」とこの世の終わりかと思うようなギャン泣きしたり。話しかけてみたり、だっこしてみたり、散歩に連れて行ってみたり、乳をくわえさせてみたり、秘術の限りを尽くしてみるのですが、どうにもうまくいきません。上機嫌で遊ぶ時間もそこそこあるので体調が悪いわけでもなさそうです。もしかしてこれが噂の3ヶ月コリック、いわゆる黄昏泣きかしら。
3ヶ月コリックというとある程度長い時間激しく泣き続けるというイメージだったけど、こういう「なんとなくグズグズ」というパターンもあるのかもしれません。夜も昼も長くて1時間半、たいてい30分ぐらいで起きてしまうのでカーチャンもつらいけど、赤ちゃんなのに眠れない息子もつらかろう。
コリックは原因不明と言われていますが、息子を見ていると体力がついてきたのに自力で動けないもどかしさとか、情緒が発達してきたけど不快や不満、不安をうまく処理できず、容量オーバーになってパニックに陥ってるとか、そういういう感じがします。能力と処理能力がうまく一致していないんでしょう。ということは処理能力が向上すればいずれおさまるはず。いつ追いつくのかわかんないけど、カーチャンがんばるよ。


鍛錬

北海道はすっかり冬になった今日この頃。
2ヶ月といえばA型ベビーカーなどでお出かけして外気浴などをしましょうなどと育児本や育児サイトなどには書いてある。でも日陰には先週降った雪が溶ける気もなさそうにしっかり残っているし、気温は日中でも5℃がいいところ。まもなくしっかり積雪してベビーカーなんて使えなくなるし、どうしたものか、このまま春までお散歩しなくてもいいんだろうかとふと疑問に思っていたら、トメさんが息子に防寒着を買ってくれるらしい。せっかくなので最寄のアカチャンホンポにみんなでお出かけしました。
いわく、外気に当てて肺を強くしなければならないらしい。敬愛する松田道雄翁も「暇があったら子を外気に当てよ。厳寒期でも鍛錬することが望ましい」と仰っておられるし、北海道の赤ちゃんがどのように冬を過ごすのかさっぱり分からない私はそういうものかと納得してハイハイとありがたく乗ったのでした。
買ってもらったのは、裏起毛のもこもこジャンプスーツとスリーパー。2つともさっそく活用中です。このジャンプスーツがまた・・・宇宙服のようにごっついので、着せるというより入れる、梱包するという感じ。おかげで吹雪いてもなんの心配もないというぐらい、暖かいらしい。家に帰って脱がせてみたら、中からホカホカの息子が出てくる。頼もしいことです。
ただ1つだけ難点が。暖かいぶんたいそうごっついので、息子の体積が一気に巨大化してしまうのです。スリングに入れにくい。かといって7kgも間近というでかい息子を手だけで抱っこするのは5分、10分のこととはいえ、いかにも苦行。ベビートンガなどでお尻を支えてやる必要がありそうです。さて、ポチりにネットの旅へ出かけるか・・・
さて、その息子は最近指しゃぶりがかなり上手になりました。しかし続けているうちにだんだん「乳が出ねー!!」とお怒りになります。無茶を言うな、そういう時はすみやかにカーチャンを呼びたまえ。
軽いものだけですが、タオルやおもちゃを持ってうれしげに振り回すこともできるようになりました。もちろん親バカ全開でビデオ撮影にいそしんだことは言うまでもありません。
ベビーベッドに寝かせて立ち去ろうとするといかにも悲しげに嘘泣きして引きとめたり、戻ってくると喜びに満ちあふれた得意げな笑みを見せてくれたり、片手間にあやしていると不満げ


まだ幼児じゃないけどね、乳児だけどね

近頃寝ている息子を見ていると、ついこの間まで新生児だった赤ちゃんというよりは「小さい子供」に見えてきました。たくましくなったというか、私の神経も太くなってきたというか。
新生児って動物っぽいんだよね。人間ぽくなくて、不思議な生き物。それがだいぶ、寝姿までも人間らしくなってきました。
じーっと息を凝らして見守っていなくても、赤ちゃんはそう簡単に死んだりしないというのがようやく納得できてきた感じ。ついこの間まで、おとなしく静かに寝ていると、「息、止まってるんじゃないか!?」とドキドキしながらじーっと見つめてました。自分が寝ていても、意識の半分ぐらいは残しておいて、うつらうつらしながら様子を見守ってる感じ。ちょっとでも息子が動いたり、声を出したりするとぱっと目が覚めてね。
最近ようやく、うちの息子は、というよりは赤ちゃんはなかなかたくましいものだということに納得して、熟睡できるようになりました。まぁ2時間ごとに「カーチャン腹減ったよ~」と起こされるわけだが;
7時ぐらいにお風呂に入れた後は1時とか2時ぐらいまで連続して寝てくれるので、私自身の時間もわりとゆっくり取れるようになったのもうれしいです。じきに3ヶ月コリックが始まるであろうことを考えると、今のうちに堪能しておくべしと思う次第です。


2ヶ月おめでとう

息子が産まれて2ヶ月たちました。何度見ても自分の腹に入っていたことがなんか信じられん・・・
スペックはこんな感じに。
身長:64cm
体重:6,390g
母子手帳の発育曲線を見てみると、だいたい5ヶ月児の平均的なスペックのようです。これだけ大きくなってもなお首が座っていない理不尽さが、お世話の大変さにつながっているんだな・・・ふつうに膝の上で抱っこしようとしたらはみ出るんだよ;
「奇声を発したらカーチャンがすっ飛んでくる」「こぶしなめなめ、楽しいやんか~」
「くぅーんという音を発すると受けがいいようだ」
などなど、なかなか複雑な感情が形成されてきたようです。最近メイさんの存在にも気づいたようで、バウンサーの周りをウロウロする子守犬メイさんをガン見しています。仲よく戯れるのもそう遠い日ではないか?メイさんの方が若干ビビリ気味なので、大人の監視は欠かせませんが。